ダイヤモンドメディア株式会社 ダイヤモンドメディア株式会社

NEWSニュース

【掲載報告】「時間という概念が生む『ストーリー』、ざらざらした『マテリアリティ』、複雑系研究とアート」― BizZine

BizZineさんの連載企画、全4回の最終回が公開されました。
シンギュラリティ時代を目前に、ヒトは「知性」を持って何ができるか、が語られています。

以下に、長文となりますが、武井の発言を引用致します。

― “目標を持たないことで、生命的になれるというところがあって。
なぜなら、組織の目標があって、いついつまでにこれを達成しなきゃいけないというのは、究極的には経営者のエゴなんですよ。

目標を持たない組織ならば、世の中に今何が求められているのか、という概念しか残らないので、経営戦略論でいうブルー・オーシャンの領域を自然と見つけ始めるんです。

組織全体として生命的になっていって、自分たちの生存確率を高めるための嗅覚が高まっていくから、他社とも共存ができるようになっていくんです。”

組織全体が生命的になり、他社とも共存できるようになる。
素敵な組織論だと思います。
そして、今のダイヤモンドメディアに、すごく「しっくりきている」と感じます。

ぜひ、以下より御覧ください。

時間という概念が生む「ストーリー」、ざらざらした「マテリアリティ」─複雑系研究とアート

一覧へもどる